ホワイトニング歯磨き粉として知られる「はははのは」ですが、全ての歯を白くする効果があるわけではありません。

 

ネット上の書き込みではははのはを使ったけど、効果がなかった!というような投稿がちらほらあります。そんな方は、そもそも白くならない性質の歯に対して使ったのではないか?と考えることもできます。

 

では、「白くなる黄ばみ」と「白くならない黄ばみ」の違いとは何なのでしょうか?

 

答えを言ってしまうと、
食べ物飲み物で「後から」ついた汚れ・黄ばみは白くなる。

ということ。

 

逆に、

元々歯が黄色がかっている人や、虫歯詰め物などによる着色は、白くならない。

 

それぞれについて少し詳しく見ていきたいと思います。

はははのはで白くなる黄ばみとは?

「後から」歯に付着した汚れで、はははのはで白くすることができる黄ばみは、以下の通りです。

  • 食べ物や飲み物による汚れ・黄ばみ
  • タバコのヤニによる汚れ・黄ばみ

昔、CMでやっていたのをご存知ですか?歯の着色汚れ「ステイン」を取り上げたCMです。

 

「Oh~ステイン~」ってやつ。

 

・・・

し、知らない・・・?若い人は。。

 

・・・

まぁ、いいです(笑)

 

歯が「黄ばみがかって」見えるのは、まさに、この「ステイン」の仕業なのです。

ステインというのは聞き慣れた言葉かもしれませんが、その正体を少し詳しく見ていきましょう。

 

ステインというのは、以下2つの物質が結びついたものです。

  • 食物中の「ポリフェノール」
  • 歯のエナメル質を覆う「ペクリルというタンパク質」

 

ポリフェノールを多く含み、「ステイン」になりやすい食べ物・飲み物として以下が挙げられます。

  • コーヒー
  • 紅茶
  • お茶
  • コーラ
  • チョコレート
  • フルーツ類
  • カレー
  • ソース類
  • 赤ワイン

基本的に色が濃い食べ物・飲み物は、ステインの色素沈着を起こしやすいです。

 

赤ワインもチョコレートも全く好きではないという人はいるかもしれません。

 

でも、コーヒーも紅茶もお茶も飲まないという人は「稀」ではないでしょうか?さらに言えば、フルーツ類を全く食べないという人も、ほとんどいないと思います。

 

つまり、我々の食生活でステインとの戦いは避けられないということ。普通の食生活を送っているだけで、歯にステインが蓄積していって「黄ばみ」がかってしまうことは、ある意味当然のことなのです。

 

飲食物以外では、ポリフェノールを含まないけど「強力なステイン」となるのが「タバコのヤニ」です。ヤニは直接歯に染み付き、非常に厄介なステインとなるのです。

 

ご存知かと思いますが、ステイン自体は簡単に洗い流せるものではなく、水でうがいした程度ではまず落ちるものではありません。一般的な市販の歯磨き粉にも、ホワイトニングの効果はありません。

 

はははのはには、「ポリリン酸ナトリウム」と「メタリン酸ナトリウム」が配合されており、二つの成分がダブルでステインに対しアプローチします。

 

ステインとエナメル層の間に2つの成分が入り込み、汚れを浮かせます。浮き上がったステインをブラッシングすることにより、頑固に染み付いたステイン汚れを除去することが可能です。

はははのはで白くならない黄ばみとは?

「白くなる黄ばみの特徴」を紹介してきましたが、それでは「逆に白くならない黄ばみの特徴」とはどのようなものなのでしょうか?

結論を言ってしまうと、「白くなる黄ばみ以外は全部白くならない」です。

 

・・・

 

・・・

 

すみません。。なんだか不親切な感じになってしまいました。

白くならない黄ばみの具体例をいくつか紹介したいと思います。

歯石で黒ずんだ歯

乳白色のものが多いですが、歯周病が進行している場合、黒っぽくなります。どのような段階にせよ、歯石を白くするのは不可能なので、まずは歯周病を治療することが最優先です。

虫歯で黒くなった歯

虫歯によって歯の一部または全体が黒くなってしまったものは、はははのはを始めとしたホワイトニング歯磨き粉では、白くすることは不可能です。まずは虫歯の治療を優先して。

銀歯周辺の黒ずみ

銀歯の金属がイオン化し、唾液中に溶け出すことで歯や歯茎が黒ずむことがあります。これは葉そのものを変色させてしまうので、表面的なホワイトニング歯磨きでは対処できません。(ところで、最近「銀歯」って治療法として存在するのでしょうか・・・?)

神経が無くなって黒ずんだ歯

ちょっと名前を出すと失礼ですが、お笑い芸人のハリセンボンの箕輪さんのような歯。前歯の神経が死んでいるようで、一本だけ黒いですよね?ああいった外観の歯は、ホワイトニング歯磨きては白くなりません。(なんとなく想像がつくとは思いますが念のため)

薬や抗生物質の影響で黒ずんだ歯

実はこのお悩みが多いようで、この幻想は「歯そのものが悪いわけではない」ので、特に治療は必要としません。しかし、はははのはをはじめとしたホワイトニング歯磨きでは、効果が見込めません。

 

以上をまとめると、はははのはで白くすることができない黄ばみの特徴は

  • 食べ物や飲み物(+タバコ)以外の要因による黄ばみ
  • 黄ばみというよりも、部分的な黒ずみ

もともと歯が黄色い人は「白く」することはできない

食物や飲み物が原因で黄色くなったのではなく、そもそも元々の歯が黄色い人は「はははのは」で白くすることはできません。

「生まれ持った歯の白さ」というのは個人差があるのです。それは葉の構造を見れば、よくわかるのですが、

少し簡単に説明すると

  • 歯の一番外側がエナメル質(白)
  • その内側が象牙質(うすい黄土色)

 

エナメル質の層の厚さには個人差があります。

エナメル質が、元々生まれ持って分厚い人は歯が白く見えますし、逆に薄い人は歯がうっすら黄色がかって見えるのです。

 

ホワイトニング歯磨きの「仕組み・メカニズム」を思い出していただければわかりますが、エナメル質に付着したステインを浮かして落とすことで、歯を白くするわけです。

 

元々のエナメル質の白さに近づける効果はあるものの、元々のエナメル質自体を白くする効果はありません。

もともと歯が黄色いか白いかなんてわからないんだけど

なるほど確かにそうでしょう。自分の「本来の歯の白さ具合」を知る人なんていませんからね。

私は、「ホワイトニング歯磨き粉では、エナメル質自体を白くすることはできない」と言いました。

 

確かにその通り。でも、現代人の食生活では、基本的にステインの原因となるポリフェノールを多く含んだものを口にしているので、どんな人でも、基本的にはステインは歯に蓄積しているのです。

 

だから、そのステインを落とすことで、少なくとも、「今ある歯の状態から、元々のエナメル質の白さ具合に近づけること」は、誰でも可能なのです。

 

つまり、(元々の歯が黄色い人を含めて)どんな人でも、はははのはを使うことで「今より歯を白く見せることは可能である」ということを、最後に言っておきたいと思います。

 

>>はははのはキャンペーンサイトへ行く


はははのは購入前に見ておきたい情報

→「はははのは」単品購入はある?

→ タバコヤニ黄ばみへの効果

→ 茶渋黄ばみへの効果

→ 白くなる黄ばみとならない黄ばみの違い

→【比較】はははのは vs ライバル商品

→ はははのはを電動歯ブラシで使う

→ 効果的なブラッシング方法

→ はははのはTOPページへ